カニが家族での思い出になる日

カニが家族での思い出になる日

蟹は、通販を利用する人も多くなりました。ズワイガニはいいのですが、毛蟹というのは、恐らく毛ガニの通販を見つけて買わない限り、ご家庭で召し上がるということは不可能です。毛ガニ通販と言うものは、日本人であるならぜひ試してみたいものです。

 

新年にご家族みんなで召し上がったり、冬の日にあつあつのカニ鍋をみんなでつつきあうのも日本特有のものです。この花咲ガニの他と違う点は、花咲半島、つまり根室半島で非常に多く生い育つ昆布が理由として挙げられます。

 

昆布を主食に育つ花咲ガニというカニは、最高級のコクと旨味を持っているのです。姿丸ごとの新鮮な花咲ガニが届いたのなら、解体するときに手を傷めてしまうことはありますから、厚手の手袋などをつければ安全に調理できます。

 

お正月の楽しい風情に明るさを出す鍋料理を創作するのなら、毛ガニを使ったらどう?いつもの鍋もコクのある毛ガニがあると、急に豪華な鍋に変わります。数年前から、カニ好きな人の間で「花咲ガニ」という蟹が傾注されています。

 

この花咲ガニの8割くらいの原産地の北海道は根室に、話題の花咲ガニを味わおうという団体ツアーも存在します。人気の毛ガニをネットの通信販売などで手に入れたい、そう思っても、「大きさ・形」、「活きか・茹でか」は何を基準にチョイスすればいいか途方にくれてしまう方もいらっしゃることでしょう。

 

しばらく前から人気が高まり、通販ストアで値下げしたタラバガニをそれなりに多くのところで在庫があるので、アットホームにほっぺたが落ちるようなタラバガニお取寄せすることもできるのは嬉しいですね。

 

活発なワタリガニを茹でる時に、調理せずに熱湯に入れてしまうと、カニが自分の脚を切りバラけてしまうため。熱くなる前に入れておくか、脚をひもなどでくくってから湯がく方法が賢明だと言えます。メスのワタリガニに関しては、冬?春に渡って生殖腺機能が充実して、腹の内部にたまごを抱えることになります。

 

贅沢なたまごも口に出来るこってりとしたメスは、何とも言えず絶妙です。北海道で有名なタラバガニとズワイガニは、形状からも伝わるように味でも開きをすごく感じてしまう。

 

身がたっぷりのタラバガニは、見た目も迫力があり食べた時の充足感が並外れですが、味に関してはちょっとだけ特徴ある淡泊カニを買うならスーパーではなくネット通販にすれば、品質も良く手軽で低価格という事実があります。

 

新鮮で破格のズワイガニは通信販売ならではなので得する方法で買って、冬の味覚を堪能しましょう。冬のグルメ、といえばカニに目の色を変えるほど好きな日本のみんなですが、数ある中でもズワイガニははずせないという方は、たくさんいるのではないでしょうか。

 

価格のわりに美味しいズワイガニの買える通販を選出してどーんと公開します。北海道産毛ガニは、新鮮でこってりと濃厚なカニ味噌がおいしさのポイント。育った海が寒ければ寒いほどぎっしりとした身になります。

 

名産地・北海道から新鮮・激安を産地から届けてもらうなら通販が一押しです。カニを浜茹ですると、身が損なわれることもありえないですし、海水の塩分とカニの味がキレイに反応して、何もしなくても品質の良い毛ガニの味を心ゆくまで賞味する事が実現できます。

続きを読む≫ 2016/11/08 23:03:08

私は一度だけ、カニ料理専門店に入ったことがあります。
物珍しさもあって、友人数人と行ってみることにしました。
店内は、日曜のお昼時ということもあって、大変混んでいました。

 

 

 

私達はメニューの中から、それぞれ別のものを注文しました。
私は、予想以上に値段が高く、その中でもリーズナブルな値段だった、カニチラシを注文しました。

 

 

カニチラシはとても美味しかったのですが、量が物足りませんでした。
結局、そこで昼食を食べたあと、別のお店に入って、お腹を満たしました。

 

 

もっと、別の豪華なカニ料理を食べていたら、お腹いっぱいになったのかもしれません。
しかし、そうするなら、だれか強力なスポンサーを連れていかないといけないな、と思いました。

 

 

カニは子供の頃から食べていますが、お正月の特別な日にしか食べません。
それも年に1、2回程度です。

 

 

なので、カニはとても高級なごちそうというイメージがあります。
それは今でも同じような感覚です。
最近は通販で安くカニを購入することができるようになりましたが、まだまだ高いイメージですね。

 

カニ通販ランキング

 

 

頑張ったご褒美に、カニをいただく程度で良いのかもしれません。
普段はカニ風味かまぼこで、良いと思います。

 

 

 

そうすれば、次回、カニを食べた時の、美味しさと感動がさらに増して、満足感と幸福感いっぱいになれると思います。
次のお正月のカニもぜひ、楽しみに待ちたいと思います。

続きを読む≫ 2014/12/21 16:27:21

バスのパックツアーでたまに海の幸を売りにしたパックツアーを見かけます、私は海の幸が大好きでそんなバスツアーを見つけると参加してしまいます。

 

 

そんな海の幸ツアーで忘れられないのが「カニのバイキング」がメインのバスツアー

 

 

朝早くからバス停に集まり行き先は北陸地方、北陸地方と言えばカニが美味しい所としても有名でその行き先だけでもテンションが上がります。

 

 

高速を通り最初は北陸地方の様々な名所を巡り、昼食を取り、北陸観光を一通り終えたら宿泊する海沿いの旅館に直行、そして温泉を楽しんだ後にいよいよ目的の「カニバイキング」

 

 

ズラリと並んだ様々なカニの数々、朝一で市場で仕入れてきたカニの数々はまさに圧巻、カニのお刺身から、カニのしゃぶしゃぶ、カニの味噌汁、焼きカニ、蒸しカニ、カニの天ぷら、カニのグラタン、カニ鍋、カニミソ、などなど色々な料理が食べ放題で楽しめるのはとても嬉しい、カニ好きにはたまらないツアーになりました。

 

 

そして次の日は市場見学、パックツアーの参加者はカニを市場価格から2割引きで購入できるのも本当に嬉しかったです。

 

 

カニ好きのための「カニバイキングツアー」これは今でも思い出に強く残っています。また機会があればぜひ参加したいです。

続きを読む≫ 2014/12/20 15:53:20

私の知人から冷凍した蟹が送られてきました。

 

 

同居している父母を始め、私や妻も蟹は大好きです。

 

 

皆でどうやって食べようかという話になりました。皆が真剣な顔です。それぞれの意見が行き交ったものの、結果的には「ゆでて食べよう」というオーソドックスな調理法に落ち着きました。

 

 

ここで説明しておきたいのですが、我が家で蟹が食卓に出る機会など滅多にありません。私の収入が少ないこともあり家計は常にギリギリ。父母もだいぶ歳をとり、まだ小さい子供が二人いるため妻も家で子育てに専念しています。

 

 

そんな状況のため、カニと名のつく物がでるのはせいぜいがカニカマくらいでした。我が家に降って湧いたような蟹の降臨に家族全員が沸きました。

 

 

調理された蟹は、と言っても茹でただけですが、
心底から断言できる程にうまかったです。

 

 

父や母などは若干意地汚いほどに互いの配られた蟹の量について年甲斐もなく争うありさまで、また、調理を引き受けた妻が自分の立場をいい事に、茹でている間にさり気なく一本くすねたのを私は見逃しませんでした。ややこしくなるのでその場は黙っていましたが……(食後に寝室で口論になりました)。

 

 

唯一、ろくに食べたことのない子どもたちだけが
一番紳士的な食事をしたようでした。

 

 

しかし、いずれにしても家族全員が蟹を通じて楽しい思い出を作る事が出来ました。

続きを読む≫ 2014/12/20 15:52:20

ホーム RSS購読 サイトマップ